タイカンタンレン月間

息子が部活の顧問に怒られたそうだ。
「なんて、弱いんだ、お前。メシを今の三倍食って来い。

少しは力をつけろ。」だそうだ。

息子は、長身ではあるが、ガリガリくんだ。彼の部活はフィジカルな接触が多い種目なので、ガタイのいい選手に押し負けるのだという。
そこで、今月から、体幹鍛錬月間である。

そして、嫌いなアミノ酸だのプロテインだののサプリメントを無理矢理飲ます。
ぐいぐいと無理矢理筋トレを強行させる。

・・・飲ませるほうはともかく、鍛える方はわたしまで巻き添えだ。
だが、息子と違い、わたしのほうは運動というものをしなくなって数十年、同じ事をしたら翌日立ち上がれなくなってしまう。
ので、メガホンをとって、指導と応援のみ。

でも、やっぱり巻き添えで、筋トレをやっている間はつきっきりである。
自分より背が伸びた息子の腕立て伏せを見て思う。

いつまでこうやってわたしに筋トレにつきあえって言ってくれるのだろうなぁ。